子宮筋腫&帝王切開の子宮をチネイザンでケア!

WAIでは、チネイザンという内臓のマッサージを行っています。

内臓のマッサージというと想像しにくい方もいるかと思うので、

腸マッサージみたいなモノと想像してみてください。

内臓の臓器1つ1つの動きを高めていくオナカのマッサージがチネイザンです。

 

7月に、オナカの中でも、女性に特化する、

「子宮マッサージ」について勉強してきました。

 

その勉強の際、子宮筋腫で手術を進められてる方のオナカで、

勉強させていただいたのですが。

その方は、貧血も、生理痛もなく、

子宮を触っても、全然痛みもないとのことで、

本人の許可のもと、意外とフツウに施術をさせていただいたのが、

こちらの写真です。

DSC_0232

ただし女性にとって、子宮はデリケートな部分なので、

だいぶ個人差があると思います。

 

私も、小さな子宮筋腫と、内膜症がありますが、

勉強の際、子宮ケアをしてもらって、オナカに血液が巡り、オナカが温まり、

不思議とオナカの中から幸せな気持ちになったのが

大変印象的なマッサージでした。

 

 

今日は、大きな子宮筋腫と、帝王切開跡のある女性を施術させていただきました。

オナカの傷痕の上を施術するのは初めてなので、

オナカの痛みや、ツッパリを言葉で確認しながら、子宮周辺をゆっくり、軽めにほぐしていきます。

子宮筋腫のツッパリや、痛みは、やはり個人差があるので、確認しながら行うことが大事です。

 

今回の女性は、数日前からオナカの具合が悪く、痛むことがあったそうですが。

施術が終わり、オナカに血液が巡り、ここ数日の痛みも改善されたとのことでした!!

足裏は、施術の最初しか触っていませんが、下半身の血液を良くしてから行うせいか、

とても足がフワフワと軽くなったとのことでした!(^^)/

明日また状態を確認してみたいと思います。

 

明日は子宮に特に問題の無い女性をマッサージです。

どのようなご感想が頂けるか、またUPしたいと思います。

子宮チネイザンを行うことで、血液のめぐりをオナカに感じ、

冷え性などある場合、血行がよくなると思います。

興味のある方は、子宮チネイザンがスタートしますので、是非1度お試しください!!

 

但し、生理中、妊娠中、オナカの切開手術3年以内の方は、お受けいただけません。

卵巣に問題のある方も、お受けいただけませんのでご了承ください。

コメントを残す

コメントフィード

トラックバックURL: http://asian-healing-wai.com/blog/wp-trackback.php?p=785