タイの灯篭祭り「ロイカトン」

タイでは、毎年陰暦12月(新暦10月〜11月頃)の満月の夜、

川の恵みへの感謝の気持ちを表し、自らに宿る穢れを濯ぐため、

ロウソク、線香、花などで美しく飾られたたくさんのクラトン(灯篭)を川に流す

「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りが全国各地で行われます。

チェンマイのロイクラトン祭りは「イーペン」と呼ばれ、

ピン川を流れるクラトン(灯篭)が水上に浮かんだ天の川のように幻想的で美しいお祭りとして有名です。

また、お祭りのメインは美しい山車(フロート)のパレードで、

美しく飾られたクラトンを模したフロートが街を優雅にゆく様は、チェンマイでしか見ることのできない光景です。

また、チェンマイはこの時期サンサーイ地区にあるメージョー大学の敷地内で、

コームローイと呼ばれる熱気球を天に放つイーペン・サンサーイでも有名です。

これはチェンマイ・イーペン祭りとは異なり、もともと雨期の終盤で冬の始まりであるイーペン

(北部の言葉で陰暦2月の満月という意味)の伝統行事だったものが、

現在はロイクラトン祭りとほぼ同時期に催されるようになったことに由来します。

 

こちらが、コムローイをあげる映像。

言葉にならない感動です。

 

この時期、多くの人がチェンマイを目指して旅行に行きます。

プーケットでコムローイをあげたことはありますが、

この規模は、圧巻です!!

タイマッサージ仲間も、大勢チェンマイに行ってますが、

私も、来年タイミングがあったら、是非行ってみたいと思います(^^)/

コメントを残す

コメントフィード

トラックバックURL: http://asian-healing-wai.com/blog/wp-trackback.php?p=274